西山浄土宗 永嘉山昌運寺


西山浄土宗 永嘉山昌運寺

住職挨拶

画像

私どもの昌運寺は、法然上人とその弟子であられる西山上人の教えをいただく浄土宗のお寺でございます。

人々に心の安らぎと幸せを願って、この物集女の地に約六百年余りになりますが、檀信徒の皆様と共に法灯を守らせていただいております。

さて、この度の永代供養塔の建立につきましては、最近の少子高齢化と共にお墓に関して不安をお持ちの方々の問い合わせが増えて来ております。
私どもといたしましても、そういう方々の為にお役に立てる方法は無いものかと考えてまいりました。

人生を終えられた方が「自然に還る」という儀式として遺骨を安心して埋葬出来る場所を求められております。
その方々の安住の地がこの永代供養塔でございます。
納骨後は阿弥陀仏のお導きにより極楽浄土へ往生されるものと信じておりますし、私どもも常に念仏供養を一生懸命させて頂きます。

そのようなことで、永代供養塔へのご理解を頂き、今後ともご指導、ご支援をよろしくお願い致しまして私の挨拶とさせて頂きます。

永代供養塔合祀墓のご案内

新しく墓地を建立することについて、不安をお持ちの方々の為に「永代供養塔合祀墓」を建立する運びとなりました。

納骨の後は、昌運寺の合祀墓永代過去帳に記載し、又、戒名を彫った墓標が供養塔の石版に納められます。

それ以降も昌運寺において永代に渡りご回向されることになります。又、春秋のお彼岸、お盆にお参りされる方々によっても供養されることとなります。

永嘉山供養塔合祀墓建立の趣旨